2016/10/13 14:07:13 | portfolio

先日、30代で20代のときの勃起力を取り戻すのは無理だという話をメディアの情報で知りました。20代のときはしっかり勃起できていたのに30代になってからその力が落ちてくるというのは、男性にとってよくある体験です。そうして20代の頃と比べて勃起力が衰えてくると、男性は「EDなんじゃないのか」と自分を疑ってしまいます。それが本当にEDのせいということもあるので判断を急ぐのは危険ですが、年齢による勃起力の低下を受け入れることも時には必要です。いくら無理して20代の勃起力を30代で再現しようとしても、一度落ちてしまったらその力は取り戻せません。ただ、それでEDと決めつけるのも良くないので、とりあえず精力剤等のサポートに期待すると一時的には復活できるかもしれないです。

 

当たり前のように落ちてしまう勃起力のことで悔やんでしまうのは無駄ですので、それならそのことを受け入れて対処したほうが前向きです。それは軽度のEDにもいえることで、何もすぐ医療機関を受診しなければいけないわけではないです。とりあえずにんにくやうなぎや牡蠣などを食べて精力増強を狙うのも良いですし、それが難しいなら滋養強壮の栄養ドリンクやそれこそ精力剤でもOKです。それをここぞというときだけでも食生活の中にとり入れていけば、それでEDが治るかもしれません。かなり年齢の低い段階からEDの症状が出たら少しおかしいのかもしれませんが、30代以上なら少しもおかしくありませんので対応する手立てはいろいろとあります。

2016/10/09 15:47:09 | portfolio

世の中の多くはご自身の体について悩みを抱えていらっしゃるかと思われます。
その中でも男性にとってはEDは深刻な悩みになっていらっしゃるかと思われます。
そんなEDには多くの原因があるのです。
まず飲酒による物です。
飲酒を行うと血流が良好となる為、ED改善には効果的となってきます。
しかし多量摂取は逆効果になってしまいます。
アルコールに含まれている毒素アセトアルデヒトには神経をマヒさせてしまう働きがあるのです。
特に性的興奮は視覚からの情報によって伝達されてくるのです。
アルコールの多量摂取によって脳神経がマヒされてしまうと、この情報の伝達の供給が行われなくなってしまいEDの原因へと繋がってしまうのです。
次に仕事等のストレスによるものについてです。
仕事等で日夜多く方がストレスを感じていらっしゃるかと思われます。
人はストレスを感じてしまうと飽和脂肪酸を分泌させてしまいます。
この飽和脂肪酸が交感神経を刺激してしまうと、人間は常に緊張した状態となってしまいます。
緊張した状態になる事で血管が収縮してしまい血流が悪循環となってしまいます。
特に下半身は多くの血管が集中している箇所となっている為、血流の悪化によって正常な機能を働かせる事が出来なくなってしまい、EDの原因となってしまいます。
ストレスを溜めない様に運動や趣味事で発散させる事が解消法となってきます。

人にはなかなか相談出来ないEDですが、日常生活の改善で解消する事も可能なのです。

2016/10/08 17:27:08 | portfolio

男と女が愛し合うというのは素晴らしいことであり、その1つが性交渉なのですが、男性側にEDがあるために、勃起してこない、あるいは勃起が持続しないということになるととても気まずい雰囲気になってしまいます。男性は恥ずかしいし、女性は満たされないものを感じて欲求不満になるかもしれません。それは男女の関係が崩壊してしまうかもしれないほど難しい事態になるかもしれません。女性は自分の体を見ても興奮しない男性にがっかりしますし、自分には性的な魅力がないと思ってしまう可能性もあります。いずれにしてもEDは改善できるものですので、諦める必要はありません。

 

EDの兆候としては、性的なものを見ても興奮しないという以外に、毎朝普通の男性であれば朝立ちの勃起があるのに、それがないという症状のこともあります。生活習慣病が関係している可能性もありますので、不安な気持ちがあるのであれば医療機関に相談に行くことができるかもしれません。多くの場合薬である程度改善することができますし、運動やトレーニングで改善することも少なくありません。専門の医療機関であれば、その点でのアドバイスを受けることができ、やがてはEDを克服することができるようになるかもしれません。下半身に力が入ってくるようになると、いろいろな面で積極的になれるようになり、自信が出てくるというのは嬉しいことです。勃起不全の悩みがあるものの、どうしてもパートナーとの性交渉を成功させたいということであれば、即効性のある薬バイアグラでなんとかすることもできるかもしれません。

2016/10/07 15:23:07 | portfolio

ED治療には民間療法から通院治療まで、多種多様なものが出回っていますが、中でも一番著名な解決方法が「バイアグラ」の使用ですよね。
話題性が高く何かと使用されるキーワードであるこのバイアグラですが、主成分は「シルデナフィル」と呼ばれる化学物質で構成されています。バイアグラは服薬後凡そ30分~1時間ほどでギンギンペニスを与えてくれる神様のような薬ですが、その秘密はこの「シルデナフィル」にある事はあまり知られていない事実です。

 

さて、シルデナフィルはどのような作用をする成分でしょうか、簡単にご説明致します。そもそも勃起不全(ED)症状は、体内に含まれる酵素である、ホスホジエステラーゼ (PDE-5)と呼ばれる物質により引き起こされます。
このPDE-5はペニスの血管の拡張を妨げ、勃起を邪魔してしまう迷惑な存在なのですが、シルデナフィルはこのPDE-5の働きを弱くする効果を持っており、ペニス周辺の清浄な血管の拡張を促し、ギンギンペニスへと変貌させる力を発揮してくれるのです。

 

このシルデナフィルの凄いところは、服薬1時間とかなり即効性が高い事と、深刻な副作用が少なく安全性に長けている点に尽きます。
即効性については冒頭で記載しましたが、この1時間というスピードは他の治療法と比較すると明らかに顕著であり、高い優位性を持っています。実際、多くの民間治療法では数ヶ月〜年単位での反復利用を推奨したモノが多く、飲めばすぐギンギンといったものは中々ありません。

 

安全性についても、シルデナフィルは見逃せないポイントを持っています。日本国内でも既に認可が下りて10年以上の年月が経ちますが、深刻な副作用が報告されたケースはとても少ないです。
この点からも、シルデナフィルがいかに優れたED治療薬かは、一目瞭然です。